Profile Japanese Words Only

SilentNetwork ニュース速報

       新石垣空港カラ岳周辺に
2000/Mar/12
−白保の珊瑚礁に再び危機−

Karadake 国際的な珊瑚礁の保護運動などにより着工されず、20年以上経過した新石垣空港建設の問題で、地元関係者 で作る建設位置選定委員会は、十一日、県に対し、カラ岳陸上案を答申する事を決めた。県は今後、環境アセ スメントなど調査を行った植で、3〜4年後に着工する方針だ。しかし、工事の歳の赤土流出によって、カラ 岳周辺に広がる、世界的なサンゴの群落への悪影響が専門家から指摘されている。地元の漁業者や、県内外 の自然保護団体も反対を表明しており、サンゴ礁の保全か開発課で再び揺れそうだ。
カラ岳陸上案を巡っては、候補地南側の白保の漁業者等で作る「白保漁業組合」(約三十人)が漁業への影響が 大きいとして、既に白紙撤回を要請。十七年前に結成された「沖縄−八重山−白保の海と暮らしを護る会」など 市民団体も県に「環境アセスメントを先にするべきだ」として、選考のやり直しを求めている。
これに対して、県はアセスメントは建設地決定後に行う方針だ。
(3月12日 朝日新聞)

石垣新空港カラ岳陸上案反対の詳しい情報はこちらへ

       基地移転先にジュゴンの生息域
2000/Jan/31
−辺野古沖に群れ−

Dugon 国の天然記念物に指定されているジュゴンが、沖縄本島の東海岸に数十頭単位で生息している可能性が高い事が、 粕谷俊雄・三重大学教授等研究チームの調査で判った。国内で他に生息の可能性があるとされてきた同県西表、 宮古両島周辺ではジュゴンは確認されなかった。同教授等は「沖縄本島は国内で唯一の生息地」と推定、生息環 境を緊急に改善しないと、絶滅する可能性が高いと指摘している。特にジュゴンの頭数が多かった、名護市・辺 野古沿岸では米軍普天間飛行場の代替基地建設が計画されており、環境保護団体などを中心に建設反対の働きが 強まりそうだ。
(1月31日 朝日新聞)

ジュゴン保護を訴える名護市民のホームページ

BackHomeNext